Clicky

拒食症と過食症

拒食症と過食症

 - 深刻な影響
クスコ゚ーフテヨ: 人生の課題 >> 拒食症と過食症

拒食症と過食症−摂食障害の大きな影響
拒食症と過食症は体に大きな影響を及ぼす摂食障害です。この問題で苦しんでいるならば、精神健康問題の援助と医学的方面から評価を受ける必要があります。絶食や吐き出す行為を繰り返す状態は生理的に悪影響を及ぼす深刻な問題です。

拒食症と過食症−飲み込むように食べたり、吐き出す行為の医学的影響
拒食症と過食症は、繰り返し吐く行為から、当然ながら食道(胃と口を結ぶ管)が損傷され、胆汁と酸で胃が刺激を受けるので、胃の上皮である薄膜が炎症を起こします。また非常に危険な瘢痕化や狭窄(幅が狭くなる)状態になると食道炎の原因ともなります。食道の通路が狭窄化されると食物が通過し難くなります。食物を吐く行為は肉体に大きな負担がかかるので、胃の内側にある薄膜が破れる要因となり、その結果は大量出血と胃が破裂する危険性があるので即座に手術をしなければなりません。

拒食症と過食症は、一気に飲み込むように過食することから胃損傷の原因ともなります。度々の嘔吐は一般的に胃炎の原因となり、胃の内幕に炎症を引き起こします。一気に飲み込むような過食が伴うと、胃の中が空になるまで時間がかかることから、ごく稀にではあるが胃が破裂し腹膜炎を起こし、死の危険につながる場合があります。食物を吐き出す行為は胃から流れ出た食物と、また胃酸と胃のバクテリアが呼吸器に入り肺炎を引き起こす原因ともなります。

腎臓と心臓に疾患が生じた場合、非常に深刻化する可能性があります。絶食や吐く行為と下剤使用の結果、肉体の流体と電解液を失う決定的なダメージに至る場合が多く、慢性的脱水症状とカリウム(ポタシアム)不足は腎臓結石、腎不全に及び、また度々吐く行為から酸欠乏症を伴い、血液と身体細胞のアルカリ性水準が高くなり、衰弱、便秘、疲労などの症状を引き起こします。アルカローシスとカリウムの欠乏が危険な水準に達すると、不整脈、または突然死の危険も考えられます。腸の損傷で特に大腸の損傷は下剤の乱用から、また腸の内幕のダメージから潰瘍が生じ血便が出る場合もあります。

拒食症と過食症は皮膚にも数多くの問題を引き起こします。市販されている殆んどの下剤には、皮膚のかぶれや色素沈着過度(茶色又はグレー色の斑点)を引き起こすフェノールフタレインが含まれています。度を越えて食物を吐く行為の結果は、目の血管の大出血と歯のダメージがよく起こります。慢性的に吐く行為は口内が酸化され、その結果歯の象牙質とエナメルが侵蝕されます。

拒食症と過食症−下剤、やせ薬、その他の薬
拒食症と過食症の被害者は度々市販されている薬かまたは処方薬を使用し太らないように努力します。下剤を使用すると食物が体内を急速に通過するので、過食した後の腹部膨張を和らげるが、食物カロリーの吸収が妨げられます。下剤使用の一時的なダイエットは殆んどの水分が便と一緒に排出されるだけであり、又水分を取ることで自然に体重が元に戻ります。もっと注意しなければならないことは下剤の乱用が肉体に危険を招きます;その一つの例として、下剤使用を中止した時に腸の働きが鈍くなり慢性的便秘の原因となります。

利尿薬は尿の排出を高め即座に減量するので、体脂肪を減らすことと体内の水分を失う双方の違いを知らない人は、減量に利尿剤を使用することに魅力を感じるでしょう、しかし水分不足になると脱水症を引き起こし、同時に脱水症状は、カルシューム、カリウム(ポタシアム)、マグネシウム、ジンク、そして亜鉛が大量に体から排出されてしまう危険な状態になります。逆にリバウンド作用を起こし体内に塩分を保有することになり益々体は食習慣の変化に対して敏感になってしまいます。嘔吐を誘発する吐根シロップで何人もの摂食障害患者が死亡、エメチンの働きで細胞組織が積み重なり筋肉や心臓を弱らせる原因にもなります。吐根は大量であろうと少量であろうとくり返し使用すると細胞組織が積み重なりかえって有毒となります。

拒食症と過食症で吐く行為をする被害者は体重減量の助けとしてダイエット薬も使用している場合があります、良く知られている処方箋ダイエット薬として、デキセドリンとベンゼドリン、しかし市販されている薬も間違って使用されるケースもあり、これらの薬は一時的に食欲を減らしても一週間から二週間の間に食欲は通常に戻り、今までに減った体重は元に戻るので薬なしでは減量が困難となる悪循環の問題が起こります。注意:これらの薬は少量では目的達成にならない、継続的使用は中毒の危険性がある。

拒食症と過食症‐絶望的悪循環からの脱出
拒食症と過食症は 一気に飲み込むように食べたり、吐き出したり;自分の体型に嫌悪感を持つのでエクササイズに努めたり、安易な解決方法を試みます。しかしこのような“解決方法”は深刻な絶望感と自己嫌悪と中毒に進行する場合があります。現代社会の完全思考は殆んどの基準に達成できない者に対して、“そんなに惨めなら如何にかすれば良い”とささやきます。このような願望は本質的に悪いことではありませんが、ボディ・イメージに全く焦点を合わせることは執念の何物でもありません。拒食と過食の摂食障害は敗北感から間違った自己の価値感に悩み毎日の生活に混乱を来たします。精神面、健康面に影響する悪循環を起こし、最終的には死亡する場合もあります。この恐ろしい罠から脱出する唯一つの方法は、あなたの内側にある美を発見して本物の満足を得ることです。

もう少し先を読んでみましょう!

参考文献はマリアン・エバリンとボニー・ハーケンによる“死ぬほど痩せたい”著作権(2000年)フォーカス・オン・ザ・ファミリーからの許可確認。


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


癒しと回復

自分の人生が大嫌い
薬物依存症
共依存状態
子供時代の虐待から回復
拒食症と過食症
性的虐待の被害者
食物依存症
神さまなぜ私なのですか
喫煙依存

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
人生の課題
 
 
 
捜す
 
Add 拒食症と過食症 to My Google!
Add 拒食症と過食症 to My Yahoo!
XML Feed: 拒食症と過食症
人生の課題 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutLifeChallenges.org, 著作権所有.