Clicky

共依存状態

共依存状態

 - 問題
クスコ゚ーフテヨ: 人生の課題 >> 共依存状態

共依存状態‐何ですか?
共依存状態とは、配偶者や、自分の子供達や、一緒に働いている人々を支配したいという強い願望の状態です。共依存はどういうわけか、自分は他の人より有能であると思い込み、物事を完了するための方向性や提案の必要な人に対して責任を感じます。共依存は悲しみや心の傷みで苦しんでいる者に同情し、助けるのは自分であると感じています。共依存の人は助けの必要な人に対して時間と、感情と、金銭とまた他の必要を与え、彼らのリクエストに対して“ノー”と断るのに非常な困難を覚えます。

共依存状態−支配の問題
共依存状態は支配したいという願望を相手に見せる代わりに、相手に支配される必要を覚えます。なぜなら共依存は相手に“ノー”と断ることが困難なため、自分自身が肉体的にも感情的にも逆に利用されている関係になってしまいます。十分に尽くし、十分に愛情を分け与えれば相手の行動を変えることが出来ると信じて:“もし私が後片付けを忘れなかったら、彼は私を殴ることはなかったはずだ。”虐待されたり利用されたりすると自分の責任にしてしまします。

共依存状態は、相手に意思表示するとき内面的困難を覚えるので、相手の欲求に基盤を置いて決断します。相手を援助する動機は、同情心からと信じていますが、実際は自分自身が愛されたく、受け入れてもらいたい、願望から来ています。ですから援助をしている相手から、自分に必要である愛と感謝と見返りがないと、傷つき、そして怒りの感情に駆られるのです。このような経験をすることで、あなた自身の根本的性質を見分けることができるかも知れません。共依存症は、相手が本当に必要である援助が何であるか分からないので、現実は援助するどころか、却って相手との相互関係を傷つける状態になります。

また共依存症の人は時間管理に困難を覚えます。沢山の活動に追われるので、全てを十分にこなす時間はなく、最も大切な人との係わり合いの関係がおろそかになります。人の援助に忙しく、忙しすぎる活動と、ボランテアと、行事や催しものと、そして友達に助けを頼まれると“ノー”と言えません。共依存症の人にとって、ボランテアや援助活動をしなかったり、行事に参加しないなどは考えられないことです。援助を断れば責任感がないのでは、申し訳ない、良い人間のすることではないと感じるのです。しかし、共依存状態の関係は、お互いに傷ついたり、怒りの感情に駆られたりする悪い影響を築いてしまいます。

共依存状態−質問

  • 相手の意見に従って決断しますか?
  • あなたと友達になりたい人がいたら、それはとても重要だと思いますか?
  • 他の人を助ける強い願望があっても、助けることでその人から好かれたい、または愛されたいと思っていますか?
  • 問題は自分ではなく他の人にあると思い、問題解決をするためにはその人達に忠告する必要があると思っていますか?
  • あなたの思い通りに行かないので、気になったり、怒りを感じたり、動揺したりしますか?
  • 相互関係で何時もあなたは与える一方ですか、または何時もあなたは聞き役であると感じていますか?
  • 参加している活動にエネルギーを費やし、時間を費やし、家族と自分自身がおろそかになっていると感じていますか?
続けて読みましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


癒しと回復

自分の人生が大嫌い
催眠術治療
共依存状態
どうしたら自殺できるか
アルコール依存症
食物依存症
共依存からの回復
神さまなぜ私なのですか
拒食症と過食症

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
人生の課題
 
 
 
捜す
 
Add 共依存状態 to My Google!
Add 共依存状態 to My Yahoo!
XML Feed: 共依存状態
人生の課題 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutLifeChallenges.org, 著作権所有.