Clicky

心配性(不安)の対処法

心配性(不安)の対処法

 - 不安と心配のない人生
クスコ゚ーフテヨ: 人生の課題 >> 心配性(不安)の対処法

心配/不安性の対処法−ストレス反応
心配/不安性の対処は体のストレス反応を理解することから始まります。体は3段階でストレスが増して行きます。これ等のストレスは次に挙げられるもの:

闘いと、恐れのどちらか: この段階の期間、体は危険が迫っているような感覚になる。込み上げる力が肉体を支配し、肉体は脅かす危険の手から闘い逃れるのが不可能になります。

抵抗: この段階では闘いも恐れも、どちらも通り越した危機感が存在します。肉体は様々なホルモンを分泌して長い期間のストレスの為に準備をします。

極度の疲労:もし肉体が前の2段階を通過することに成功すると、今度は極度の疲労感に襲われる3段階目に入ります。このときには肉体は倦怠感に陥り、そして倦怠感それ自体が増し加えられていきます。


心配/不安性の対処法−ストレスが問題になり始めたのは何時か?
心配/不安性の対処法は、速いスピードで動く現代の世界では欠かせない条件です。忙しいスケジュール、激化する交通の渋滞、金銭問題、また複雑な人間関係等が多くの人々を慢性のストレス状態にしているからです。

長期間に渡って危機感が続くとき、ストレスが問題となり始めます。闘い又は恐れ、そして抵抗している段階では、肉体からそれらに対しての助けとなる多くのホルモンが生産されます。しかしながら、必要以上の物質が生産されると今度は肉体にダメージを及ぼすことになります。例えば、アドレナリンはストレスのたまっている時にはエネルギーを生産する助けとなりますが、しかし、長期間に渡りアドレナリンが体に作用すると心臓の衰弱につながります。抵抗の段階ではコルチゾールとバソブレッシンの両方が排出され、血圧と血糖値の上昇があり血小板の増加により動脈が縮小される可能性もあります。

長期間に渡るストレスで、まれに肉体自身が再び回復する場合もあります。肉体は引き続き闘いと、逃避と、抵抗の繰り返しで一刻も休まることができません。この状態が続くと睡眠のサイクルに影響すると共に、肉体の倦怠感を増し完全回復の可能性を少なくします。


心配/不安性の対処法−症状
心配/不安性の対処は強度のストレス症状を理解することから始まります。これらの症状は:疲労、睡眠不足、緊張性頭痛、悩みの種がある、目の下のくま、便通の障害、新陳代謝の減少、興奮性又は怒りの爆発、集中力欠陥、その他いろいろです。

もしあなたがこのような心配/不安性の症状かな、と思ったら専門医に観てもらいましょう。病歴と個人歴を調べあなたが心配/不安性であるか診断してくれることでしょう。. 援助があることは心配/不安性の対応の助けとなります。


心配/不安性の対処法−悩み解放へのステップ
心配/不安性の対処法は肯定的に変わるように自分から積極的に関与する必要があります。心配の多い世界から来る危険から守る安全手段となるステップがあります。

ストレスと心配/不安性の対処法は次に上げられるステップが含まれています。

  • 笑う: 人生をあまり深刻に受け止めないこと。ユーモアは不安な思いから気をそらし克服する助けとなります。および笑いはエンドルフィン(幸福ホルモン)を分泌する可能性があり、それは痛みを和らげると共に喜びと安らぎの感覚をもたらします。冗談を勤めて言いましょう、コメディーを観ましょう、そして苦難が襲ってきた時心を笑いで満たしましょう。笑顔でいるあなたは気分も良いはずです。

  • 計画を立てる: 思い悩みは何も解決しません。その状況も結末も変えることができません。ただ一つの方法は、変えられる為の行動を起こすことです。思い悩む代わりに、自分自身の権限で変えられる為に行動に移してください。金銭的に思い悩んでいますか?予算の計画を築きそれを実践する、又は専門の経済カウンセラーを探してください。周りの雰囲気の改善を築きましょう。思い悩みは目標の達成にはならず、心配/不安性を克服することはできません。

  • ハーブ: 数多くのハーブの中でストレスの緩和に役立つものがあるかも知れません。その中でも、カバが抜きん出ています。カバは肉体的にも精神的にも体をリラックスさせる働きがあります。肝臓障害やパーキンソン病の人はカバの使用はできません。強壮効果のあるハーブでは、朝鮮人参とオオアザミが良いと認められています。強壮薬又は、神経強壮薬はストレスの対抗を強める助けとなります。ハーブを日常摂取する場合は何時ものように、入れ物に書かれた使用注意に習い、又摂り始める前に医師にみてもらうと良いでしょう。

  • 専門的援助:思い悩みを話し合う機会を作る。専門的な援助が介入することで不安/心配性に対処する実際的で有効な知恵が得られます。専門のカウンセラーはあなたの悩みを注意深く聞き話し合ってくれます、また内在している不安と心配を発見してくれるでしょう。同時にストレスを取り扱う方法を知ることも感情と肉体の癒しにつながります。

心配性(不安)の対処法 ・レ。シ・ク 2

参考文献 ヘラルドH・ブルームフィールド医学博士による「ハーブによる不安性の癒し」ニューヨーク:ハーパーコリンズ、1998年出版。


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


人生の課題

傷ついた心のいやし
心配性(不安)の対処法
嫉妬からの克服
罪責感
中絶後の精神的障害
うつ病の対処法
境界性人格障害
ストレスの緩和(応力緩和)
流産の対処法

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 心配性(不安)の対処法 to My Google!
Add 心配性(不安)の対処法 to My Yahoo!
XML Feed: 心配性(不安)の対処法
人生の課題 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutLifeChallenges.org, 著作権所有.