Clicky

離婚対処方法

離婚対処方法

 - その現実と費用
クスコ゚ーフテヨ: 人生の課題 >> 離婚対処方法

離婚対処方法‐統計
一般社会は離婚に対してどのように対応しているか? その現実を見てみましょう。アメリカの病害対策と予防のための保険福祉サービスセンターによると、2001年の離婚率は1000人に対して4.1%、それに対して結婚率は1000人に8.2%の割合となっています。この統計によると50%が離婚していることになります。2002年になると8.1%の結婚率に対して離婚率は3.9%と多少の好転、しかしながら、2003年の割合は反対に7.9%の結婚率に対し離婚率は4.0%と上昇、したがって50%を上回る結果となっています。しかし、この統計はカリフォルニア、ハワイ、インデアナ、ルイジアナ、オクラホマの5つの州は含まれていません。この期間中カリフォルニア州においての離婚率は60‐75%と推定されます。イギリスとウェールズでは、2000年に26,7961人が結婚、14,1135人が離婚、なんと離婚率は52.6%と多少高くなっています。

アメリカ全集に“無過失”離婚法が定められた後、離婚は手間を取らず非常に簡単になりました。道徳的責任を問われることもなく、これからもアメリカにおける離婚率は無過失法の下に新たな高値へと急上昇していくことでしょう。1989年度バージニア州司法調査によると38州の離婚調査結果から無過失法が影響されていることが明確にされています。既にそのうちの8州では離婚率が上昇、また他の8州では離婚原因を確かめることができないとなっています。しかしながら離婚率の上昇が必ずしも無過失法が原因でなくても、かなり影響されていることも確かです。この調査の執筆者、弁護士、そして社会評論家であるトーマス・B・マーベル氏は“無過失法が原因で離婚率は20%から25%上昇し、反対に無過失法のために離婚率が減少したという証拠はどこにも見られない。”と結論付けています。


離婚対処法 - 費用
多くの人々は離婚対処方法としてある種の助けを求めてインターネットを利用しています。ウエブサイトで実に最初のリストにある100にのぼる検索エンジンが“自分でできる”のパッケージ、離婚方法、又は離婚に関する法律サービス等の本の販売に費やされています。費用に関しての情報をいくつか上げてみました:

離婚調停は一般に千ドルから五千ドル掛かり、問題の複雑性とお互いの間の意見の相違などによっても違ってきます。従って平均的離婚調停費用は約二千五百ドルくらいでしょう。

離婚訴訟になると、掛かる費用に際限がありません。普通各当事者はお互いの法律家に弁護士料として少なくとも千五百ドルまたはそれ以上支払うことになるでしょう。離婚訴訟で各当事者に掛かる費用は通常一万 ドルから五万 ドル。下記は補正予算:

  • それほど意見の食い違いがなく、お互いに話し合い、最終判断にあって了解し合う場合、各当事者の弁護士にかかる費用は一時間約三百五十ドル:一万六千五百ドル。
  • 争いが少ない離婚ケース、子供が関わっていない、金銭問題が共通している場合に掛かる費用:四万五千ドル。
  • 親権問題の争いを裁判になる前にどちらにするかお互いに相談了解して決定したケース:七万五千ドル。
  • 全面的に親権を争う裁判のケース、裁判の過程に掛かる費用:十五万ドル。
  • 親権、金銭問題で全面的に争い、子供の親権問題に対して専門に評価する人や法医学専門家、又年金等複雑な問題が関わる場合に掛かる費用:二十五万ドル

離婚対処方法 ・レ。シ・ク 2


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


人生の課題

不貞の赦し
高齢者への対処法
別離との対処
クリスチャンの結婚カウンセリング
離婚対処方法
神を信頼
アルコール依存症の親を持つ人
養子縁組
結婚生活にあっての不貞

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 離婚対処方法 to My Google!
Add 離婚対処方法 to My Yahoo!
XML Feed: 離婚対処方法
人生の課題 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutLifeChallenges.org, 著作権所有.