Clicky

離婚についての質問

離婚についての質問

 - 聖書の見解
クスコ゚ーフテヨ: 人生の課題 >> 離婚についての質問

離婚についての質問―聖書的見地
多くの人が離婚について疑問を持っています。聖書は何と言っているのでしょうか?

神は罪を嫌われますが、罪人を愛しておられます。離婚についても同じことが言えます--神は離婚を嫌われますが、離婚した人々を愛しておられます。離婚について考えていらっしゃいますか?どうかもう一度、その決断を考え直してみてください。もしあなたが結婚しているのであれば、神はあなたにその結婚にとどまっていてほしいと願っています。もしあなたが別居しているのであれば、神は、あなたが相手の方と元に戻るためにできるすべてのことを行ってほしいと願っています。聖書の教えは明らかですが、神は神の子供が肉体的、精神的に傷つけられることを望んではおられないことを理解してください。もしあなたが虐待や危険な状態の下にいるのであれば、教会やその他専門機関に助けを求めてください。

離婚についての質問―聖書からの答え
さて、離婚について質問がある皆さん。聖書は何と言っているでしょうか?この点において、神の教えは水晶のように明らかです…

マタイ19:1-9
「イエスはこの話を終えると、ガリラヤをさって、ヨルダンの向こうにあるユダヤ地方に行かれた。すると、大ぜいの群集がついて来たので、そこで彼らをおいやしになった。パリサイ人たちがみもとにやって来て、イエスを試みて、こう言った。「何か理由があれば、妻を離別することは律法にかなっているでしょうか。」イエスは答えて言われた。「創造者は、初めから人を男と女に造って、『それゆえ、人はその父と母を離れて、その妻と結ばれ、ふたりの者が一心同体になるのだ。』と言われたのです。それを、あなたがたは読んだことがないのですか。そえrで、もはやふたりではなく、ひとりなのです。こういうわけで、人は、神が結び合わせたものを引き離してはなりません。」彼らはイエスに言った。「では、モーセはなぜ、離婚状を渡して妻を離別せよ、と命じたのですか。」イエスは彼らに言われた。「モーセは、あなたがたの心がかたくななので、その妻を離別することをあなたがたに許したのです。しかし、初めからそうだったのではありません。まことに、あなたがたに告げます。だれでも、不貞のためでなくて、その妻を離別し、別の女を妻にする者は姦淫を犯すのです。」

離婚が正当化される唯一の事情は不貞であることを、イエスの教えは明らかにしています。モーセの時代(男性優位が厳格であった社会を指します)、彼らの「心がかたくな」であったがゆえに、離婚の許可があたえられました。夫が妻を嫌悪する原因となるようなことを女性が行った場合、その女性が夫から侮蔑を受けないよう、法律は彼女を自由の身としたのです。

Iコリント7:10-16
次に、すでに結婚した人々に命じます。命じるのは、私ではなく主です。妻は夫と別れてはいけません。もし別れたのだったら、結婚せずにいるか、それとも夫と和解するか、どちらかにしなさい。また夫は妻を離別してはいけません。次に、そのほかの人々に言いますが、これを言うのは主ではなく、私です。信者の男子に信者でない妻があり、その妻がいっしょにいることを承知しているばあいは、離婚してはいけません。また、信者でない夫を持つ女は、夫がいっしょにいることを承知しているばあいは、離婚してはいけません。なぜなら、信者でない夫は妻によって聖められており、また、信者でない妻も信者の夫によって聖められているからです。そうでなかったら、あなたがたの子どもは汚れているわけです。ところが、現に聖いのです。(しかし、もし信者でないほうの者が離れて行くのであれば、離れて行かせなさい。そのようなばあいには、信者である夫あるいは妻は、縛られることはありません。神は、平和を得させようとしてあなたがたを召されたのです。)なぜなら、妻よ。あなたが夫を救えるかどうかが、どうしてわかりますか。また、夫よ。あなたが妻を救えるかどうかが、どうしてわかりますか。」

この部分はマタイ19章と相反するように思われるかもしれませんが、これらは二つの異なる事例について話しています。マタイの福音書の中でのイエスの教えは、ユダヤ人の聴衆と、イエスを信じるもの同士の結婚について向けられています。コリント第一の手紙では、パウロはキリスト復活の後の、ユダヤ人と異邦人の両方に語りかけています。これらの中には、クリスチャンになったけれども結婚相手は改宗していない人々がいました。

もし未信者が信者である結婚相手から離れていくのであれば、信者はその離婚について罪を負わない、と聖書は教えています。しかし、もし信者が未信者と結婚し、その未信者がそのまま結婚していることを望んでいるのであれば、信者は離婚を求めてはいけません。「妻よ。あなたのゆえに、夫が救われるかもしれないからです。また、夫よ。あなたのゆえに、妻が救われるかもしれないからです。」

離婚についての質問―根本的には
離婚についての質問はすべて、以下のように要約することができます:信者同士の離婚は、イエスの御名に悪い影響を及ぼします。パウロは言いました。「あなたがたは、食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現わすためにしなさい」(Iコリント10:31)。

あなたが選んだ道を、もう一度振り返ってみてください。他にも道がありますか?離婚だけが唯一の選択肢でしょうか?教会の牧師やスタッフから、指導や見解を求めることをお勧めします。離婚は、すべての罪に終止符を打つ罪ではありませんし、たった一つの答えでもありません。クリスチャンの目指すものとは、イエス・キリストの御名と評判について注意深い熟慮を捧げることにほかなりません。

マラキ 2:14-16
「なぜなのか。」とあなたがたは言う。それは主が、あなたとあなたの若い時の妻との証人であり、あなたがその妻を裏切ったからだ。彼女はあなたの伴侶であり、あなたの契約の妻であるのに。神は人を一体に造られたのではないか。彼には、霊の残りがある。その一体の人は何を求めるのか。神の子孫ではないか。あなたがたは、あなたがたの霊に注意せよ。あなたの若い時の妻を裏切ってはならない。「わたしは、離婚を憎む。」とイスラエルの神、主は仰せられる。…あなたがたは、あなたがたの霊に注意せよ。裏切ってはならない。

もっと学んで見ましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


人生の課題

離婚対処方法
別離との対処
家族の対立
怒りを取り扱うテクニック
不貞の赦し
子供の自殺
高齢者への対処法
母子家庭(父子)
死産

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 離婚についての質問 to My Google!
Add 離婚についての質問 to My Yahoo!
XML Feed: 離婚についての質問
人生の課題 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutLifeChallenges.org, 著作権所有.