Clicky

食物依存症

食物依存症

 - 食物に執着する
クスコ゚ーフテヨ: 人生の課題 >> 食物依存症

食物依存症−あなたは食物依存症ですか?
食物依存症を現在病理学的に説明すると;食物を駆り立てられるように 食べたくなり過度に摂取する。食物を異常に摂取するだけでなく、その欲求と摂取がその人の健康に害を及ぼす状態に至る。長い間、現代社会や医学会ではアルコール依存症や麻薬依存症については容易に理解されていましたが、食物依存はつい最近になって実際にアルコールや麻薬乱用と同一に考えられるようになりました。有害であるにも関わらず必要以上に食物を体に摂取することは、肉体的虐待ということになります、物質乱用は;あなたの精神と肉体が物質に依存し、この場合は食物がそ物質になります。

次の質問から依存症があるかどうか断定してみましょう:

  • 空腹でなくても、落ち込んでいたり寂しいときに食べてしまいますか?
  • 一人の時、またはこっそりと食事をする時と人前で食事をする時とは食事制限が違いますか?
  • 無制限で食事をした後余分な食物を浄化する為に吐いたり下剤を使用したりしますか?
  • 体に良くないと知っていながら食べてしまいますか?
  • 食べた後、食べなければ良かったと後悔しますか?
質問の中で一つでも確答するものがあるならば、食物依存の傾向があります。


食物依存症−原因と徴候
食物依存は、他の依存症と変わりありません。本人も害になる食習慣であると分かっていながら、そのまま破壊的食習慣を止めないので、生理的と心理的な両面に問題があります。

“食物アレルギー”と言われている人は数多くいます。摂取した食物が体に対して否定的な症状を引き起こし体質を変えてしまうと同時に、食物に対しての欲求も引き起こします。各自異なりますが、例えば糖尿病であれば糖を摂取することによって“調子が悪く”なるにも関わらず、欲求のまま続けて食べてしまうことから、体に悪影響を及ぼすことになります。また研究結果によるとミルクの中の特定のたんぱく質や麦類を摂取した時に麻酔と似通った影響を及ぼすものもあることが判明しています。これらのケメカルは自然の痛み止めに似たエンドルフィンの作用があり、そのため“エクスロフィン”と言われています。憂うつ症、低い自己価値、孤独感のある人は;大食したり、特定の食物で例えば“ハイ”な気分になるチョコレートか、または塩分を欲求する場合があります。即座に来る“ハイ”な気分は直ぐに嫌な気分や後悔に移り変わってゆくので、結果的には益々落ち込んでしまうことになります。依存症は自制ができないので意識的または無意識に同じパターンの食習慣をくり返すことになります。

食物依存症は年代や民族、性別を問わず全ての人々に同等に現れます。その人により肥満、重量不足、または正常体重と全域に及んでいるため、体重に関わらず、食物執着が関連していると言えます。肥満の人は体重過多からくる敗北感に苦しみ、無気力で無活動で自由に動き回ることが困難であるかも知れません。重量不足の人も過食症の可能性があります、執拗に食べても肥満になることを恐れて吐く行為や、下剤使用、無理なエクササイズで肥満予防に努め、最終的には食物構成で体重コントロールに努めようとする拒食症に進行する場合もあります。平均的体重の人でも食物に対して執着がある場合があります、何を食べたらよいか、またはどれだけの体重を保てばよいかと考えているので、彼らにとっては食事に関する問題は苦痛でいつも執拗にカロリー計算をして食事を楽しむことができません。


食物依存症−回復する希望はあるのでしょうか?
食物依存症は数多くの健康問題をもたらす深刻な状態です。肥満、精神的障害、糖尿病、そして胃の異常等はごくわずかの例でしょう。

回復するための最初のステップは、勿論現実の問題を受け入れ医学的に各自は---その引き金となる食物を知りること--アレルギー症状を起こす食物、我慢できないほど欲求する食物は何か知ることが重要です。

食物依存症と取り組むことはそう簡単ではありません;生活習慣と食生活のパターンを変えることに真剣に取り組む必要があります。マネージできる程度のエクササイズプログラムと、食事管理(ダイエット)を取り入れ維持管理すると良いでしょう。食事管理に意欲的に取り組み、急激な体重減少を求めず、長期間での試みが成功の鍵となります。

生理的、肉体的な食物依存症と一人で闘うことはできません。この分野だけでなく人間は多くの面で無力です、ですから私たちに癒しと力を与えて下さる神に目を向けなければなりません。“わたしは主であって、あなたをいやすものである。”(出エジプト記15:26)御自分との個人的霊の交わりを心配して下さる神は、同じようにあなたの肉体的健康も心配して下さっています。神を捜し求める人は、健康と癒しと回復を見つけ出すでしょう。“愛する者よ。あなたのたましいがいつも恵まれていると同じく、あなたがすべてのことに恵まれ、またすこやかであるようにと、わたしは祈っている”(ヨハネ第三の手紙2)。

完全な助けを見出す!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


癒しと回復

どうしたら自殺できるか
自分の人生が大嫌い
共依存からの回復
子供時代の虐待から回復
共依存状態
神さまなぜ私なのですか
催眠術治療
性的虐待の被害者
薬物依存症

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
人生の課題
 
 
 
捜す
 
Add 食物依存症 to My Google!
Add 食物依存症 to My Yahoo!
XML Feed: 食物依存症
人生の課題 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutLifeChallenges.org, 著作権所有.