Clicky

胃バイパス手術

胃バイパス手術

 - ある人の話
クスコ゚ーフテヨ: 人生の課題 >> 胃バイパス手術

胃バイパス手術 – 始まり
私の名はコートニー、胃バイパス手術の個人的体験談です。私は25歳、2000年6月に空軍人と結婚して病的肥満病から回復した主婦です。

健康に問題の症状が表れ始めたのはハネムーンから帰って間もなくのことです。殆んどいつも気分が悪く同時に急速に体重が増え始めました。結婚する少し前に新しい避妊薬を処方してもらったので、その為ではないかと判断していました。夫と話し合った結果、クリスマス・イブから新しい避妊薬に変えるかわりに完全に服用を止めることにしました。その後私達は家族作りを願い妊娠もしました。しかし最初の妊娠は最初の流産の苦しみになったのです。健康に深刻な問題を抱えているとはまだ知らなかったとは言えそれは胸が張り裂けるような体験でした。

流産から一ヶ月以内に眼科の検診がありました。通常の検査が全て終わった後、次は瞳孔を開いて行なう検査です。医師に目の中を覗きこまれ入り口から魂を見つめて、“あーっ、これは良くないなー、”どう思いますか? こんなに恐ろしいことはありませんでした。それから急いで網膜の写真を撮り必要書類の作成に取り掛かりました。次に医師の前に座らされ、偽脳腫瘍(PTC)疾患であると宣告されたのです。簡単に説明すると、髄液が脳にたまり目の神経を圧迫する為に腫瘍と同じ症状が表れるのです。流産したのは腫瘍が脳を圧迫していることが原因だと言われました。

その結果一生薬を摂り続け多分脊椎装置もしなければならないだろうと考えられていました。神経科医はしばしば手足や顔のしびれと無感覚を引き起こす原因となっている髄液を減らす処方をしましたがその薬は物忘れや目まいを引き起こしダメージが慢性的になってしまった何年か後、服用を取り止めることになりました。副作用の一つとして文字通り脳の記憶部分が焦げて穴が開き、長期間のエクスタシーに似通った状態になると後になってから医師が説明してくれました。私は子供時代の記憶が全く無くなってしまいました。姉に“あの時のことを覚えている.........?”と聞かれても、努力して思い出そうとするのですが何を言っているか全く分かりません。そしてそれらの記憶は決して戻ることはありません。


胃バイパス手術 – 体重増加
この疾患と診断されて間もなく、体重増加が始まりました。偽脳腫瘍疾患は難解で急激な体重増加の可能性があると聞いた時はとても恐れました。3年の間に100ポンド増加して止めることができません。医師に勧められたダイエット、薬、エクササイズ、ありとあらゆることを試しましたがうまくいきませんでした。

2002年2月のことです、今度は多嚢砲性卵巣症候群(PCOS)と診断されたのです。それから次に甲状腺機能低下と診断されPCOS治療の専門医に回されました。彼はとても積極的な医師でした。先ず糖尿病患者のための薬を使用することでPCOSの体重過多に有効な治療法を試みたのですが、その試みはただ気分が悪いだけの何物でも在りませんでした。効用が無いのは他の疾患が併発している為です…医師の見解。

2003年9月、又妊娠です。複雑な健康障害と肥満問題を抱えた私の妊娠期間中は特別な健康管理の必要性があります。しかし23歳の誕生日の後又もや説明することもできない悲しい流産を体験しました。

2004年5月、新に高血圧と診断され、医師はPCOSが原因でインスリン拒否症状が起きていることを発見しました。食後は食物の栄養素を消化しそれからインスリンが排出され栄養素を細胞に送り込むはずです。インスリン拒否とは、体が自分自身のインスリンに抵抗してしまうので食物を体に摂り入れてもそれは全部脂肪として蓄えられ体は何時も空腹感が続くことになります。急激に体重が増加しても体に栄養素が吸収されない為私は正に餓死するような気分でした。最終的に医師もあきらめてしまい、数年後には糖尿病を併発し多分30歳前には死ぬでしょうと宣告されたのです。薬は役に立たないという問題を抱えていたこと、9種類の薬を摂っているにも関わらず私は正に死に向って突っ走っていました。あらゆる病気と症状が積み重なり、病的肥満以外に5種類の疾患も併発していました。その後医師は今までとは違う思い切った方法を選ぶことにしました。それは24歳の時です、妊娠は出来ない、現在の状態では後6年程しか生きられないと断言されたのですから、思い切った方法を選んでも私は一向に構わなかったのです。


胃バイパス手術 – 手術
医師はRuenY胃バイパス手術を受けるように勧めてくれました。その時から私は家族の為に熱心に祈り始めました。手術は2004年12月27日に執り行われることに決定、実に避妊薬服用を止めてから4年3ヶ月の月日が過ぎ去っていました。

見込みの無い状況に直面しながらどうして継続した信仰を保っているのかと何度も質問をされました。私の答えは、試練を通されている中で神は何時も私に忠実であったと言うことです。過ぎ去った5年間の人生を振り返った時、私は神が与えて下さった道を選んでいました。主の思いは私の思いとは異なります、しかし主の思いは最善です。逆境に直面した時、主は私を暖かく包み込んでくれました。私の前に立ちはだかる道を一人で歩んで行けないと主は知っていたので、一緒に歩んでくれる夫を与えて下さったのです。

本当に辛く闇の中の5年間でした – こんな状況を通らなければならないなんて…こんな悲惨なことを許された神に怒りを感じている自分を見出した時、孤独を感じた時;事実私は孤独ではありませんでした。流産の悲しみで泣いている時も、そして鏡の中に映る太った自分自身を見る時も、神は私を優しく包み込んで下さったのです。

ダニエル書のシャデラック、メシャク、アベデネゴが火の燃え盛る炉に投げ入れられても、神が炉の中にかれ等と共にいて下さったので、その炎はかれ等を焼き尽くすことがありませんでした。それと全く同じように神が試練の只中にいる私と共にいて下さったので試練の炎は私を焼き尽くすことがありませんでした。この世の中の火はこの世の中の問題を焼き尽くすだけです。神は私の試練を私と一緒に通って下さったのです。


胃バイパス手術 – 結果
手術後1年あまりが過ぎましたが、私の胃バイパス手術は完全に成功に終りました。合併症も無く病気にもならず、手術前に服用していた薬も止め、135ポンドの減量と洋服のサイズは9サイズも小さくなり自分自身が新しく生まれ変わったようです。

次に記された聖書の言葉は暗い闇の中を歩んでいた私に照らされた神からの光です。過去5年間この言葉にしがみつき、今も尚しがみついています。

“ヤコブよ、あなたを創造された主はこう言われる。イスラエルよ、あなたを造られた主はいまこういわれる、恐れるな、わたしはあなたをあがなった。わたしはあなたの名を呼んだ。あなたはわたしのものだ。あなたが水の中を過ぎる時、わたしはあなたと共におる。川の中を過ぎるとき、水はあなたの上に溢れることはない。あなたが火の中を行くとき、焼かれることもなく、炎もあなたに燃えつくことがない”(イザヤ43:1−3 )。

“主は言われる、わたしがあなたがたにたいしていだいている計画はわたしが知っている。それは災いを与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに招来を与え、希望を与えようとするものである”(エレミヤ29:11)

命に関わる問題を抱える中で神の平安を体験したコートニーと同じ平安を、あなたの人生にもほしいと思いませんか?

試練の中で神の平安を得る事についてもっと学んで見ましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


人生の課題

閉経
若返る
慢性疼痛
後期中絶
慢性疲労
癌患者
妊娠の望み
アルツハイマー(退行性の老人性痴呆症)のサポート
肥満の助け

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 胃バイパス手術 to My Google!
Add 胃バイパス手術 to My Yahoo!
XML Feed: 胃バイパス手術
人生の課題 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutLifeChallenges.org, 著作権所有.