Clicky

躁うつ病

躁うつ病

 - 舞い上がったり落ち込んだり
クスコ゚ーフテヨ: 人生の課題 >> 躁うつ病

躁うつ病‐どういう意味ですか?
躁うつ病とは感情の起伏が激しく“気分が舞い上がる”(躁)から激しく落ち込む(うつ)状態を言います。 躁うつ病の又の名は双極性障害とも言います。その人は“熱狂的”と“落ち込み”の感情が代わる代わるやって来ます。双極性障害は能の障害が原因であり、その人の感情、エネルギー、そして機能を果たす能力を異常に変えてしまうからです。

躁うつ病又は双極性障害は男性と女性の両方に作用します。しかし、いつでも誰にでも発病する可能性があり、通常青春期後半にスタートします。双極性障害は広い範囲の年齢層、人種、少数民族、そして社会階級に発見されており、遺伝的連関と家族間に発生する傾向が見られます。残念なことに、その人達の人生は大きな苦痛となり、同様に介護者や周りの身近な家族にも大きな打撃となる可能性があります。


躁うつ病‐どうやって診断するのですか?
躁うつ疾患の症状または双極性障害は躁またはうつのエピソードに分類されています。躁うつの診断は次の通り:

  • 躁のエピソード:躁の診断は、一日の内に、感情の高まりが3種類以上の他の症状と一緒に発生する、殆んど毎日発生する、または一週間以上続く場合。もし感情に不快感があるならば、4週類以上の症状が発生しているはずです。

  • 落ち込み(うつ)のエピソード:落ち込みのエピソードの診断は、5種類以上の症状が殆んど1日続く、殆んど毎日続く、又は2週間かそれ以上続く。

  • 双極性障害がミックスしたエピソード:一部の人々は、熱狂と落ち込みが一緒に現れ、双極性障害とミックスした状態になります。この人は非常な悲しみの感情、失望の感情そして熱狂的な感情も同時に現れます。


躁うつ病‐治療法の選択は?
自分自身の要因を知ること:躁うつ疾患の症状は繰り返しのパターンで発生するので、継続した治療が必要です。十分な睡眠と規則正しい時間の睡眠が双極性障害の治療には一番重要です。睡眠のパターンと生活行動等の自分自身の要因を知ることがこの病気の治療の助けとなります。

薬物療法:精神科医が処方する薬物では“気分安定剤”e.g.,リチウム又はバルプロエート。もし必要であれば、抗うつ剤は感情の高まりと落ち込みのバランスのために用いられます。

甲状腺の働きを測定する:双極性障害にしばしば甲状腺の働きが異常である人がいます。甲状腺の水準は感情とエネルギーの水準に影響するため、注意して測定する必要があります。

再発を見分ける:躁うつ疾患のある人は、疾患を理解し再発を見分けることが治療成功の核心となります。これ等のことは疾患のある人と同じように治療を模索している家族メンバーにも当てはまります。


躁うつ病‐希望はありますか?
躁うつ疾患と診断された人とその家族にとっては悲しみと躁うつ疾患の不完全性の心配がありますが、それらに関わらず注意深くモニターして治療を選択しましょう。

聖書の中の2テモテ1:7で、“というのは、神が私達に下さったのは、臆する霊ではなく、力と愛と慎みの霊なのである。”イエスの救いに信頼している人々は神の子供達となるのです、そして神はその人達に、聖霊の力と、愛と、慎みを下さるのです。躁うつ疾患であっても誰も‘一人ぽっち’でいることはありません、もしあなたが神と御子であるイエス・キリストを通して個人的な関係を持っているならば、信頼して人生の方向を導いてもらいましょう、そうすればあなたは頂いた命に生きる力を持つことができるでしょう。

うつ病に対処した人の個人的な証をよんでみましょう!

資料:ナショナル・インスタツー・オブ・メンタル・ヘルス:www.nimh.nih.gov/publicat/biplar.cfm.


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


人生の課題

うつ病に対応する
境界性人格障害
自己価値
ストレスの緩和(応力緩和)
悲しみのプロセス
中絶後の精神的障害
嫉妬からの克服
死に対応する
強迫観念神経症

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 躁うつ病 to My Google!
Add 躁うつ病 to My Yahoo!
XML Feed: 躁うつ病
人生の課題 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutLifeChallenges.org, 著作権所有.