Clicky

流産の統計

流産の統計

 - 肉体的−精神的
クスコ゚ーフテヨ: 人生の課題 >> 流産の統計

流産の統計−その数字と定義の概観
流産の統計は時には劇的なものとなりえます。流産は全妊婦の20%の割合で起こると報告されていまが、しかしある情報源によると、これは誤った数字であるといわれています。多くの女性は、お腹の中で命が形作られていることに気づかず、重い整理だと思ったまま、流産していることもあります。ですから流産の確立は、40%から50%に近いものなのかもしれません。流産を経験する女性の内、20%は再発生の流産に苦しむ傾向にあります。

流産とは、妊娠周期20週目までに発育中の妊娠が失われることを示します。医学用語によるとこれは自然による堕胎と呼ばれています。流産を経験する多くの女性が、この言葉に対して不快感を覚えます。しかしこの『堕胎』と言う言葉は、ただ単に妊娠の喪失を意味しているに過ぎないことを覚えておくことが重要です。医学界では、女性が選んで妊娠を終わらせたことを意味しないのです。選んで行われる手順の正しい呼び方は、選択による堕胎です。妊娠20週目以降に胎児を失った場合、それは死産とよばれます。

流産は、二種類に分類されます。単一の流産は、単発性、散発性事象といわれます。単一の流産は、しばしば卵子や精子の染色異常によって起こります。この染色体異常には再発性はありません。もしも流産を続けて三回経験すると、流産は再発性であると考えられます。再発性流産に苦しむ女性は、繰り返し流産を起こす基礎疾患が何なのかを発見するため、医療検査をうけることになるかもしれません。一般的に、女性が妊娠周期を満了するためには、これらの基礎疾患が治療されなければなりません。。


流産の統計‐発生度
流産は妊娠喪失であるとはいっても、流産と言われる状態が様々なので、統計の結果も違ってきます。流産もその状況や状態によって女性の体の安全を考慮しなければならないので場合によっては医療介入が必要とされます。

稽流流産:女性の体が死亡した胎児を排出できない時に起こります。胎児が死亡したことが分からずにそのまま数週間過ぎてしまったり妊娠時に浮黷髀ヌ状がなくなったりします。またホルモンの水準が上昇しているので、妊娠の兆候は依然として浮黷トいるにも関わらず胎児が死亡している場合もあります。

不全流産:女性が妊娠細胞組織の一部のみを排出するときに起こります。不全流産の場合、胎児や羊膜嚢、胎盤の一部が女性の体内に残されたままになることがあります。症状として、開いた子宮頸、腹痛、不正出血および胎児の一部の排出があります。

完全流産:女性が、成長することのできない胎児を出産するときに起こります。完全流産の場合、女性の体はすべての細胞組織を排出します。症状として、すべての妊娠細胞の通過と子宮頚の閉鎖がある可柏ォがあります。

流産または不全流産の場合、通常子宮内膜除去手術(D&C)の必要があります。子宮内膜除去手術は医師の手によって女性の子宮頸を開いて掻き出さなければなりません。もし稽流流産で胎児が6週間半以内であるならば、殆んどの場合自然に死亡した胎児を排出しますが、子宮内膜除去手術を回避する為に体が自然に死亡した胎児を排出するまで数日間待つ場合があります。


流産の統計‐傷みを理解すること
流産の統計からは流産の心理的対処の統計を浮キことはできません。身体的影響は通常腰の痛みや腹痛、貧血とあまり痛みが伴わなわずに、女性の体は容易に回復します。

しかしながら、流産は大きな心理的苦痛が伴うので、妊娠喪失は死亡した胎児が排出されればそれで終ったと言うことは不可狽ナす。医学的には初期何週間かお腹の中で育っている胎児を子供とは見なしていませんが、妊娠と分かった時点から女性は母親としての愛情を育むので、流産は子供に抱いていた愛と夢も同時に喪失することになります。流産は確かに子供の死亡と見なされなければなりません。


流産の統計‐公然と悲しむ
流産の統計は助ェに公浮ウれてはいません。社会全体が流産について否定的に考える傾向があり、重苦しい雰囲気を与える為です。流産した母親は心理的傷みと苦しみを公然と嘆くことのできる場所も与えられていないので益々苦しみに抑圧されることになります。悲しみと嘆くことのできる段階を通らなければ、流産した女性はたった一人で苦しむことになり心の傷みを癒すことが困難となります、ですから公然と嘆き悲しむことは母親の抑圧された感情と精神衛生に非常な助けとなります。

流産への対処と回復!

参考文献「女性医師の流産への指針」 リン・フリードマン医学博士、アイリーン・ダリア著。 ニューヨーク・ハイベリオン社、1996年出版 「流産のもう一つの側面 : 流産と死産への対処」シェリー・リン・ミムス・ジメンズ著、 イングルウッド・クリフ、プレンタイスホール社、1982年出版


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


人生の課題

傷ついた心のいやし
罪責感
悲しみのプロセス
境界性人格障害
パニックアタック(不安発作)
躁うつ病
流産の対処法
怒りを取り扱うテクニック
分離不安

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 流産の統計 to My Google!
Add 流産の統計 to My Yahoo!
XML Feed: 流産の統計
人生の課題 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutLifeChallenges.org, 著作権所有.