Clicky

死産

死産

 - 深い悲しみ
クスコ゚ーフテヨ: 人生の課題 >> 死産

死産‐打撃
死産の傷みを体験してはいませんか? “悲しいことですが、子供は死産でした”この宣告は親として、言い尽くすことのできない苦痛です;妊娠第一期(3ヶ月前)の流産なので、臨月で死産した子の悲しみより深刻でないと知っていても、あなたの感情は複雑に入り乱れます。

人口的に陣痛を誘発させ死んだ子供を生まなければならないあなたの心は深い悲しみに囚われます--腕の中に抱かれることもなく;家につれて帰ることもできない子供。その後、命があって生まれることのなかった子供の体の取り扱い方法と死亡届けの任務、その小さすぎる子供を見ると何と既に小さな耳と、目と、手と、そして足は完全に形作られていました。すると急にこの小さな子は、聞くことも、見ることも、歩くことも、生きていてその手を握ることもないという現実を知り同時に心の張り裂けるような痛みが伴うのです。


死産 - その事実
20週目以降の妊娠胎児が死んだ場合、死産として見なされます。アメリカでの一年間における妊婦の200人に1人が死産の体験をしています。通常これ等の体験は殆んど十分な準備期間もなく発現します。それどころか親は子供の成長報告を医師から聞くために期待に胸をはずませていたはずであるのに、心の張り裂けるような死産の報告に直面し深い悲しみがその後に続くのです。

より適切に言えば公然と悲しむ場が与えられていないばかりか、地域社会において暗に胎児は子供として認められず、母親の胎内で貴重な命は身ごもっていなかったと見なしています。その間流産した母親に必要である悲しみをサポートする手はさし伸ばされていません。最上の喜びである妊娠出産が終局し希望を失った母親たちに少なくとも引き続きサポートする場を提供する必要があります。現代社会では新生児の死を体験している父母に対して子供の死を合法的に認め、公に悲しむ場を提供しているのです。しかし、母親の胎内で死んだ胎児は、医療界においてさえも喪失に関連した大きな悲しみを過小評価し、死んだ胎児の子供としての定義付けに失敗しています。


死産 - マークとクリスタルの例
クリスタルとマークが妊娠と家族計画をはじめたのは、結婚六年目のことでした。五ヶ月後、この若いカップルはほんの数ヶ月で妊娠したことを知り二人の心は喜びに溢れました、彼らは初めての子供を交えた家庭を共に分かちあうことを夢見て。妊娠四ヶ月の時、クリスタルは女の子をみごもったことを知りました、二人は近くのベビーショップ店でお祝いしました。

二人は女の子の成長に関しての本を読み、出来る限りの知識を吸収したのです。最初にクリスタルが赤ちゃんの動きを感じた時のことです、喜びを隠すことが出来ずにこの素晴らしい体験を急いでマークに電話で知らせたのです。その夜、まだ生まれていない赤ちゃんに話しかけたマークも命の源泉を感じました。五ヶ月目、全ての注目は健康で可愛い女の赤ちゃんに注がれていたのです。

数日後はベビーシャワーです(生まれる前の赤ちゃんのパーテー)。パーテーの前、クリスタルとマークは六ヶ月検診にやってきました。しかし子供の成長を知る目的の検診が、悲しむべきことに、打ちのめされるような言葉で終焉することになったのです;

“クリスタルさん、マークさん、悲しいことですが、赤ちゃんの心臓の鼓動が聞こえません。動きも感じません。”

クリスタルはウルトラサウンズをするため即座に専門病院に送られました、その結果悲劇的な問題が起きていることが明らかになったのです。クリスタルとマークの赤ちゃんは胎内で死んでいました。クリスタルは人工的に陣痛を起こすことを承諾し、一番奥の隅にある分娩室に入ってゆきました。小さな黒いリボンの小さなステッカーが、ドアーのあちら側では出産のお祝いではなく死産の悲しみがありますと言っているかのように控えめに注意を引いていました。病院側から個人的に若いカップルのためにソーシャルワーカが送られてきました。彼女は二人の喪失について口にだして話すことと泣くことを勧めると共に勇気づけてくれたのです。また彼女は亡くなった女の子に名前をつけることを提案しました。病院に入った五時間後にクリスタルはミッシェル・ラネーを出産したのです。激変する精神的傷みの伴ったこの出産は二人にとって耐え難い試練でした。

初めのうち、二人は子供を見ることを拒みました。精神的にも肉体的にも既に疲れきっていてその上死んだ自分たちの子供を見るなど出来ないと思っていたからです。マークは子供に別れを告げたほうが良いと進めてくれなた優しく励ましてくれたソーシャルワーカーと家族メンバーの言葉を思い出したのです。そうです、その晩遅くなってから若いカップルはミッシェルに別れを告げたのです。喪失の現実と父として、母としての短い時間の幕を閉じるために。

同じ町に住んでいるマークの両親は息子と嫁に徹夜の祈りと愛のサポートを与えるために病院に来ていました。カーター夫婦は病院の家族待合室で、それぞれ孫の出産を心待ちにしている祖父母たちの慰めの輪に取り囲まれていることに気づきました。

その晩遅く、マークは彼の両親に初孫と別れを告げるひと時を与えるために少しの間妻のそばから離れました。小さなミッシェルは2ポンドを少し超えただけの体を、個室の中の白いサテンで作られたクッションの上にねかされていました、深い悲しみの中にいる家族の為に保存されて。ミセス・カーターがその部屋に入り、目の前に横たわった小さく完全な姿を見たとき、激動する感情を克服することができたのです。彼女は前かがみになり小さな孫の小さな指に触れました、そしてなんと美しく形作られたその足を見て驚嘆したのです。ミセス・カーターは小さな赤ちゃんの死の現実をついに受け入れ、初めての孫の喪失を悲しむことができたのです。

その夜遅く、マークは再び子供に会いたい旨を申し入れると、同情に満ちた看護婦は小さな白い毛布に包まれた小さなミッシェルを二人のいる分娩室につれてきました。マークはその小さな女の赤ちゃんを抱きゆらゆらと腕の中であやしました、すると同時に彼の目からは涙が止めどなく流れ落ちたのです。

六ヶ月目の妊娠をむかえていたために、マークとクリスタルは死亡証明書の手続きと小さな赤ちゃんの抑留方法の選択に対応しなければなりませんでした。二人はミッシェルの体の処置と手配とその許可を病院側に任せることにしました。ミッシェルは火葬することに決め、命のなかった子供の記念と証明の為にその灰は両親のロケット(蓋つきのネックレス)に入れられることになったのです。それから数ヶ月間、二人は地域教会からの溢れるばかりの愛と家族や友人たちを通して続けて悲しみを癒すプロセスの場を与えられる体験をしたのです。

それから二年後、マークとクリスタルに今は小さな可愛い六ヶ月になる男の子がいます。二人は、子供を亡くすという深刻な喪失の悲しみを癒す場の重要性を認識しました。この体験のゆえに、二人は同じような苦しい死産の体験をしている人々に思いやりと指導を提供することができるのです。男の子の出産に続く退院の朝、マークが母親に言った言葉は、子供の死に伴った深い悲嘆と、喪失の後に与えられた命の大きな喜びの違いがくっきりと描き出されていました。

“サア、お母さん、今病院を出ますよ。今回僕は赤ちゃんを家に連れ帰ることができるんだ。”

対処方法の学び

1 (www.marchofdimes.com)

(これらは事際にあった例ですが、関わった一人一人の機密性を守るために個人の名前は変えられています。)


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


人生の課題

離婚対処方法
言葉による虐待
混合された家族
家族の対立
結婚と不一致
退職の計画
高齢者への対処法
流産の統計
養子縁組

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 死産 to My Google!
Add 死産 to My Yahoo!
XML Feed: 死産
人生の課題 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutLifeChallenges.org, 著作権所有.