Clicky

注意力欠陥障害の管理

注意力欠陥障害の管理

 
クスコ゚ーフテヨ: 人生の課題 >> 注意力欠陥障害の管理

注意力欠陥障害の管理−子供達への一般的精神医学診断
過去数十年間、注意力欠陥障害(ADD)の管理に付いての理論は激しい討議の課目となっています。アメリカにおける人口の約6%の子供達と3%の大人達がある程度の注意力欠陥障害(ADD)/注意力欠陥障害活動力過剰(ADHD)と診断されています。注意力欠陥障害/注意力欠陥障害活動力過剰は彼等の生活が四つの分野に深刻な問題がある子供達と大人達に診断上付けられた呼び名です、活力を失わせる衝動的行為、活動力過剰、重度のけん怠感が破壊的行動へと誘導します。これは神経障害から来るもので殆んどのケースは親の育て方又は故意な反抗的子供が原因となっている訳ではありません。

この障害を的確に診断するには、学校や家庭以外でも注意力欠陥障害/注意力欠陥障害活動過剰の重な性質の状態の証明が必要です。この障害は子供達が診断される障害として広く行き渡ってきました。診断された60%の子供達の行動は非社交的であり、度々目に見えて反抗的です。普通子供が7歳になる前に明らかな症状が表れます。

このような子供達の多くは、想像力に富み非常に明朗な反面無秩序で自制心がないので難しい問題が周りの家族や友達に及びます。障害のある子供達は、自分と他の子供達と何か違うと分かっていても理解することは出来ないので、しばしば愛されていないと感じ、孤独で、下降する自己の価値感をどうすることもできずにあきらめてしまう場合もあります。


注意力欠陥障害の管理−どんな治療が得られるのですか?
注意力欠陥障害の管理方法はバラエティーに富んでいます。注意力欠陥障害の一人一人の反応は違ってくるので、両親か又は障害と診断された家族の者が障害者の最善な介入の為に注意深く調査することをお勧めします。次のことも考慮に含まれる:注意力欠陥障害/注意力欠陥障害活動力過剰と診断された個人の性格と必要となる治療費用、保険の補償、食生活の習慣、そして本人と家族の者がさらなる治療の成功を増すために費やす必要な時間。

家族掛かりつけの医師か専門カウンセラーにどんな処方計画が本人に合っているか話し合ってください。現在この障害に対して数多く薬が処方されているのですが、使用されている全ての興奮剤(中性神経興奮剤)は治療の助けとなる反面厄介な(否定的)副作用の二面性があります。一方で処方している期間中個人の年齢と成長度を考慮に入れ、治療成功の目的の為に個人個人の体と薬の服用を対比するとよいでしょう。薬は依存症になる危険性があるので、本人は処方された薬であるにしても、服用している期間、副作用があるかどうか引き続き配慮するように注意して下さい。

他の治療法としては、行動の訓練があります。各々矯正しなければならない程度も違ってくるので、進歩状況の評価と、それを基に子供達に刺激を与える為に報酬を与えること。またその報酬も度々変えています。その他ではEEG治療と言って、生体自己制御法訓練があります。これは家族セラピーとカウンセリングと、自己制御教育であり、この訓練から自分以外の人を尊敬する心を培います。注意力欠陥障害と活動力過剰には食習慣とアレルギーの影響があることも証明されているので、家族で食生活の改善に努めることも治療に有効でしょう。

障害者と診断された子供達を扱うには、家庭と学校で的確なチームワークがなくてはなりません。目的を話し合い、日程表を作り計画を持たせ、“他の子供達と交わる事ができない”衝動的態度に対応して訓練して行くには大人たちに一貫性が要求されます。またこの障害を持つ子供達の対応でもう一つ大切なことは“維持管理”です。時間と忍耐と非常なエネルギーが必要になるので、定期的に子供達と接触する人達の独創性を取り入れるとよいでしょう。


注意力欠陥障害の管理‐この状況から解放されるのですか?
この障害は管理できます。調査によると60%の障害を持つ子供達は20歳までにその深刻な症状から解放されていると報告されています。何らかの治療方法を試みた人は、活動力過剰からくる情緒不安定の制御と自己自制を学んだことでしょう。成人後、何らかの症状が残る場合もあります。例えば“頭がはっきりしない”ので家計簿をつけたり、細かい書類の取り扱いにも困難を覚えたりします。このような人には一杯のコーヒー(カフェイン)が助けになる場合もあります。大人の注意力欠陥障害と活動力過剰は、対応スキルとそれぞれの個性を生かしながら持っている才能を仕事や家庭に役立てることが学べるでしょう。

注意力の管理は、焦点をはっきり置く為に綴じ込み表紙をカラーコード付きにして仕事の任務を区別するとよいでしょう。障害者はこの障害が実生活に否定的に影響した時、仕事場や家庭と友人達の暖かい励ましと助けを受け取ることで信頼感を学びます。持っている障害の問題を認め、ある人はエネルギッシュなスポーツを楽しむことで他の目的も達成し、又ある人は仕事の目的の為にキューカードを作ることを学び、ある人は好きな音楽を聴くことで頭脳に刺激が与えられと判明しています。注意力欠陥障害と活動力過剰にアルコールが関わると非常に危険なリスクが伴うので避けることです。

ある大学教授の話、“私の受け持つクラス内に注意力欠陥と活動力過剰障害者がいるかどうか私は初めてのクラスの時に必ず調べます。先ず障害を持つ生徒は私に知らせるように励まします。それは教授としてかれ等を助け導く為の唯一の方法だと思うからです。彼らの症状が表れている時には、アニメーションを取り入れる視角補助をしたり、身体が関与する講義に変えたりすることで大人である学生の障害者も、私は配慮されている、私は尊重されていると感じると同時にクラスの指針に期待を持つ事ができるからです。そのように私は特別な学生の必要に応じて対応する事ができます。”


注意力欠陥障害の管理‐子供達とその家族の希望
大きな仕事ですが、大人は子供達の行動や言動に愛情と忍耐で取り組み、子供達は問題と困難の学びから対処法も学びます。なによりも私たちの痛みと苦しみを理解してくださるお方がいるということです。このお方は偉大な医者であり、カウンセラーであり、私たちと何時も一緒にいてくださり困難も管理してくださる愛の神です。

詩篇121:1−3:“わたしは山にむかって目を上げる。わが助けはどこから来るであろうか。わが助けは、天と地を造られた主から来る。主はあなたの足の動かされるのをゆるされない。あなたを守る者はまどろむことがない。”

詩篇33:22: “われらは主の聖なるみ名に信頼するがゆえに、われらの心は主にあって喜ぶ。”

詩篇91:2:“主に言うであろう、「わが避けどころ、わが城、わが信頼しまつるわが神」と。”

イエスは私達の希望です、助けであり隠れ家です。彼は私たちを導いてくれると共にもう駄目だと思う時私達を高く上げて下さるのです。

キリストを通して私達は強さを増すとピリピ書4:13で約束しています:“わたしを強くして下さるかたによって、何事でもすることができる。”家族や友人たちの援助の介入が注意力欠陥障害と注意力欠陥障害活動力過剰者とその家族メンバーの助けとなるでしょう。

イエス・キリストとの関係を持つことに付いてもっと学んで見ましょう!

注意力欠陥障害の管理 ・レ。シ・ク 2


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


人生の課題

離婚対処方法
エンプティ・ネスト(空になった巣)
混合された家族
退職の計画
独身女性
流産の対処法
アルコール依存症の親を持つ人
10代の妊娠
死産

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 注意力欠陥障害の管理 to My Google!
Add 注意力欠陥障害の管理 to My Yahoo!
XML Feed: 注意力欠陥障害の管理
人生の課題 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutLifeChallenges.org, 著作権所有.